師範ブログ - 最新エントリー

 少年部大掃除(28日・土)一般部大掃除(26日・木)を挙行した。
前ブログでもふれたことがあるが1年の総括をする目的での納会を挙行したが。(改めてだが)震災からの期間、今年は今年で(ある意味)非常に早い感があるよ。
来年は1月8日(水)が少年部「稽古始め」(因みに一般部は前日1月6日(木)が稽古始め)から始まる訳で、それに備え虎視眈々と走り込み等も含めながら備えたいと思うよ。
[大掃除・少年部編]
 
↑[画像・左]1階フロア(アップ・サンドバックフロア)から掃除を始めて
  [画像・右]わりと?身長のある子(=中学生)には1階外側窓を掃除させ

↑[画像・左]コーションマットと備品類を掃除
  [画像・右]ミット類も念入りに掃除させ

↑[画像・左]仕上げとして床を掃除
  [画像・右]最後に道場訓唱和→黙想! 次の目標に向け来年は(も)頑張れよ!−1
[大掃除・一般部編]
↓例年(当然ながら)少年部の大掃除では、限りなくプチ掃除(=不十分)になるので大方、一般部大掃除で完了(完結)させることに



↑[画像・右]大掃除を担当した面々=来年も(は)頑張れよ!−2
  • 閲覧 (65)
ということで3−2として一般部「納会」編を載せてみます。

↑[画像・左]前日の少年部納会同様、会場では教則DVD(他、今年の全日本体力別・無差別等)を流しながら
  [画像・右]そして「乾杯」=長い宴の始まりでして

↑[画像・左]俺から今年1年の総括+来年の試合時期・場所の話しをした後に近藤会長からも挨拶をもらい
  [画像・右]納会終了後、参加者一同でカシャ

↑[画像・左]二次会にて乾杯から始まり、当然カラオケタイムへ突入 ※全員の画とはいかずピックアップ(代表)にして
  [画像・右]暫時、歓談はしていたが・・・

↑[画像・左]あゆのカラオケタイム 状況を見てそうだが盛り上がっているのは言うまでも無く
  [画像・右]靖さんのカラオケタイム

↑[画像・左]
そして俺のカラオケタイム
  [画像・右]
今回、カメラ担当してもらったのが小川さん(師範代)だが、当然ながら深酒になっていたので!・・・記憶が・・
それにしても小川さん(師範代)・靖さん(シニア師範代)がいると心強いよ=感謝してます! オ ス
  • 閲覧 (112)
 1年を総括!する目的(意味)で27日(金)に少年部、翌28日(土)に一般部の納会を挙行した。
それぞれ来年に向けた抱負を語らせる時間を設けていたが、一般は白帯を含めて各自が想いを話せてはいたが、少年部においては ひなた(=中学生)クラスはスムーズでも、他は年齢的にとか慣れていない(=居酒屋で、かつ一人ずつ言わせるという場面(環境)に呑まれている様で)ということで、少しガタガタだったね。
※今回(以降のブログ構成として)少年部納会模様を3-1として一般部納会を3-2とに分けて載せてみます。
 
↑[画像・左]ここ数年、納会場所で利用している「food studio EBISU」(要は居酒屋 恵比寿!)
  [画像・右]俺の方から「一年の総括」をして

↑[画像・左]そして「乾杯!」
  [画像・右]しばし歓談

↑[画像・左]子供達にも「来年の抱負」を1人ずつスピーチさせ
  [画像・右]来春、高校受験になる ひなたからのスピーチ

↑[画像・左]来年春に少年部(U16)から一般部(U19)へ移行(と期待したい)する阿部ひなた(弐段)に寄せ書きをする子供達
  [画像・右]翔也に司会をさせ、寄せ書き・記念品授与のセレモニー

↑[画像・左]代表で凜花(ひなたの妹)から授与し
  [画像・右]俺からは謹呈品を授与

↑[画像・左]ひなたから御礼のスピーチ
  [画像・右]納会終了後、参加者一同でカシャ
                                           スケジュールも残り僅かに3−2(令和元年版・一般部「納会」編)に続く
  • 閲覧 (74)
では次に、PART−2−2として地区審査会の模様(主に連続組手編)を載せてみます。


↑[画像・左]
ここからは昇段審査受験者(支部受験者2名)の紹介でして 先ずは美彩(画・右)の連続組手(組手×5R・相撲×5R)が始まりというか、もう1人の昇段受験者 凜花と同時の組手審査になり
そして女子受験数の関係で(何と!)同じく昇段審査受験の凜花と対戦(相撲も含め)することに。結果は組手・相撲共に両者引き分けの結果に
  [画像・右]
残りの4Rは男子との組手になったものの持ち前の地力で乗り越え、前半の組手結果は1勝1敗3分(2.5P)

↑[画像・左]
組手同様に相撲でも終盤に多少、バテ(身体指数の差は如何ともし難く)があったものの腰の低い安定した展開(稽古の賜物!−1)で
結果は1勝1敗3分(2.5P)
  [画像・右]
ということで美彩の連続組手結果は組手(5R)が1勝1敗3分(2.5P)+相撲(5R)が1勝1敗3分(2.5P)=2勝2敗6分(5.0P)なので
昇段条件(推薦)クリア!

↑[画像・左]
前途同様に凜花(画・左)の連続組手(組手×5R・相撲×5R)が始まりというか、もう1人の昇段受験者 美彩と同時の組手審査の画
結果は前途した様に組手・相撲共に両者引き分けの結果に
  [画像・右]
残りの4Rは美彩同様、男子との組手になったものの今までの審査・試合と違い上段のコンビを繰り出し(途中、効果を獲る展開にもなり)
危なげ無く乗り越え、前半の組手結果は2勝3分(3.5P)

↑[画像・左]
後半、男子との相撲では力負け+中盤にバテ(身体指数の差は如何ともし難く)があったものの安定した展開(稽古の賜物!−2)で
結果は1勝3敗1分(1.5P)
  [画像・右]
ということで凜花の連続組手結果は組手(5R)が2勝3分(3.5P)+相撲(5R)が1勝3敗1分(1.5P)=3勝3敗4分(5.0P)なので
昇段条件(推薦)クリア!

↑[画像・左]少年部審査が終了して一同整列 地区運営委員長から講評を受け
  [画像・右]昇段審査を受験した両名(凜花の姉である ひなた(弐段)も一緒に)とカシャ! 御苦労であった
  • 閲覧 (81)
ということで、PART−2として地区審査会の模様(主には少年部基本〜補強編)を載せてみます。

 
↑[画像・左]
午前の少年部・午後の一般部審査で開催 審査開始前のアップ
  [画像・右]
審査内容(=スケジュール)について指示があり、ここから少年部審査が開始。 少年部審査の受験者(今回(年)は50名以上になり)は
帯順に整列
 
↑[画像・左]基本(パンチ)の画
  [画像・右]基本(蹴り)の画
 
↑[画像・左]移動(蹴り)の画
  [画像・右]受け身審査の画
 
↑[画像・左]受け身審査後は帯別規定の補強(画は拳立て)回数をこなし−1
  [画像・右]帯別規定の補強(画はスクワット)回数をこなし−2
                          
                           ※スケジュールも残り僅かに2−2(平成25年版・東北地区審査会−少年部連続組手編)に続く
  • 閲覧 (81)

« 1 (2) 3 4 5 ... 119 »