師範ブログ - 最新エントリー

 ということで前ブログに使用(載せた)した画に続けて(同時に)UPすると「間延び」するので今回、受験者のスパー編として以下のとおりVOL−2として改めて載せてみます。
 
↑[画像・左]一般女子受験者同士のマススパー
  [画像・右]マスクを付けてのマススパーだが、あゆは世界大会-270第3位の目黒選手(多賀城支部)にも積極的に展開して
 
↑[画像・左]
スパーリングの画 あゆは「無難」にこなして
  [画像・右]
少年部スパー(画(左)は美彩)だが下がらない展開なので、接近+掴みからの打撃で終始してしまい=美彩のスパーは
地力+脚力からして中間距離でも十分なのだが
 
↑[画像・左]
そして昨年12月に続き再度の連続組手に挑戦の少年部 阿部翔也(1級・画 右) 前半の組手結果は3勝1敗1分(3.5P)
  [画像・右]
インターバル後、後半の相撲(5R)になり翔也(画 左)はスタミナが一杯にはなったが何とか対応して、結果1勝2敗2分け(2.0P)
 
↑[画像・左]
翔也 連続組手の結果は組手(5R)が3勝1敗1分(3.5P)+相撲(5R)が1勝2敗2分(2.0P)=4勝3敗3分(5.5P)ということで
  [画像・右]
あゆがカメラ担当で被写体でないが、審査会終了後に連続組手の「労をねぎらい」+今回の修正事項を確認(指示)して
  • 閲覧 (81)
 26日(日)仙台市青葉体育館武道場において東北地区合同審査会が開催(県外からは1支部のみ)された。今回、少年部・一般部で受験したが、あゆを始め改めて子供達の基礎体力確認+試合(組手)感覚の維持を目的・刺激には良いと思うし、各クラス共に次の大会までの間、他支部の交流したことによる継続した実力を付けてほしいところだね。
 
↑[画像・左]審査(各カテゴリー合同で)の開始 一般女子から末永あゆ(7級)が受験
  [画像・右]少年部(黄帯以上)基本(パンチ)の画
 
↑[画像・左]同じく少年部(黄帯以上)基本(パンチ)の画
  [画像・右]一般・シニア・女子の部の号令+指導は長田支部長が担当して=ある意味、緊張感があった様で
 
↑[画像・左]一般女子部 移動(パンチ)の画
  [画像・右]少年部(黄帯以上)移動(蹴り)の画
 
↑[画像・左]少年部 受け身審査
  [画像・右]一般女子部 グランド技審査
 
↑[画像・左右]少年部は規程の補強(拳立て・スクワット)回数をこなし                      
                                                                  受験者スパー編へ続くことに
  • 閲覧 (60)
 前ブログに使用(載せた)した画に続けて(同時に)UPすると「間延び」するのでVOL−2として、改めて載せて(当日編)みます。
 
↑[画像・左]
宮城県スポーツ協会の指導(活動助成の一環)により宮城県空道協会会員(=県内出場選手)で
試合コート内において写真撮影をして
  [画像・右]
同じく所属支部長を交えての写真撮影もして
 
↑[画像・左]今大会は監査役を担当して
  [画像・右]場内アナウンス担当の当支部(女子部)清水初段←御苦労
 
↑[画像・左]
今回も八面六臂(アップ・セコンドに加えカメラ担当もしてもらい)の活躍(当然ながら=感謝だよ)してもらった小川さんと靖さん
  [画像・右]
名古屋遠征(恒例の!)では必ず立ち寄る空港施設テナント内 中華料理屋での「台湾ラーメン」に舌鼓の前に「乾杯」
 
↑[画像・左]
舌鼓の後は、これまた恒例の屋上デッキでソフトクリームを食べて
  [画像・右]
昨年の世界大会+数年前の遠征時(全日本体力別)でもそうだったが俺が食べるソフトは溶けるのが早い様で・・?
  • 閲覧 (91)
 昨年、2020’東京オリンピック・パラリンピック準備の関係で聖地「代々木」が使えないことから愛知県体育館(通称 ドルフィンズアリーナ第1競技場)で開催された第2回世界空道ジュニア選手権大会が開催に続き、今回も会場は違えど愛知県武道館にて全日本体力別が開催された。
 試合結果はHP「お知らせ」に表記して(当然ながら)試合結果は近々更新するが、相変わらず現時点では更新作業に没頭しているのでブログ編に対応する画等(試合前日と当日に分けて)を以下に載せてみますから
 
↑[画像・左]仙台空港へ到着してフライトまでの間、ランチタイムにして
  [画像・右]昨年とは違い往復の移動手段として利用した飛行機だが実に!スモール(プロペラ機)ではなく
 
↑[画像・左]今回の宿泊ホテルも試合会場までの利便性は良かったね
  [画像・右]会場内に掲示した支部オリジナル旗
 
↑[画像・左]
大会パンフと支部長(審判)用タグ
  [画像・右]
運営会議が終了して=前日計量(一発クリア)も終えて合流し、地産名物「手羽先」(以外にも地元の料理に舌鼓をうち)
有名店にて乾杯!−1←カメラ担当が小川さんなので
 
↑[画像・左]
カメラアングルを変えてカシャ
  [画像・右]
前日計量を終わったことの「安心感」があり、宏信とあゆは地産名物「手羽先」(以外にも地元の料理に舌鼓をうち)
を食べること×2
 
↑[画像・左]
明日(当然、試合)のこともあり選手はホテルに帰ることになり、セコンド部隊(小川さんと靖さん)と食事会を終了し店の前でカシャ・・・だったが
  [画像・右]
中川支部長も来店していて=当然のごとく飲食することになり                                       PART−2へ続く  
  • 閲覧 (66)
 本部からゼッケンが送付されたことで、ここから(いよいよ)「戦闘モード」だよ!出場する宏信とあゆ には、実力をベストな状態(体調)で頑張ってほしいところだね。
 そして今回も(昨年の世界大会に引き続き)「愛知県(名古屋)遠征」により選手+セコンドを帯同しての遠征なので、ある意味で気合が入ると共に去年のこの時期と比べて改めて機運が違う(大会への準備、選手調整等=例年は試合会場として春(体力別)が仙台で秋(無差別)が東京なので・・)ことを感じているよ。
 
↑[画像・左]パンフ用協賛レイアウト 一般女子の部出場 あゆの親父さんが経営する会社からも(ここ数回)広告協賛をしてもらい
  [画像・右]選手用ゼッケン+入場チケット類
 
↑[画像・左]女子の部(指数220超) 末永あゆ(7級)
  [画像・右]全日本体力別 240以下 阿部宏信(弐段)
  • 閲覧 (90)

« 1 (2) 3 4 5 ... 116 »