師範ブログ - 最新エントリー

代表選考試合・回想録

執筆 : 
2005-9-28
第2回世界選手権・日本代表選手選考の「大一番」が9月25日試合形式で行われ見事勝ち抜き、日本代表(=軽重量級)の座をGETした鈴木清治の所感を以下に紹介するんで!

[代表選考試合・所感]
9月25日AM9:30より試合開始です。第1試合目という事で、まだ眠たい体に渇を入れて挑みました。
初戦の対戦相手は平田先輩(綾瀬・荒川支部)で合宿中何度も手合わせ(拳を交えて)してきましたが、打撃では自分に分がある思っていました。しかし相手は柔道五段の実力者であり、投げ・寝技には最大限の注意が必要でした。本戦はやはり相手の投げで何度か転がされましたが、自分はパンチで効果1、逆にマウントパンチにて効果1を取られ判定は2−2の引き分けで延長において足による絞め(?)にて一本負けとなりました。(実はマスクが当たって苦しかった)
気持ちを入れ直し、続くは田村先輩(北海道本部)との試合ですが、試合前H先輩に「パンチが来るからガード上げとけよ!」とアドバイスを受け(ガードが下がるのは自分の悪い癖です・・押忍)試合に挑みました。
開始直後、自分の右ハイがヒットし相手のバランスが崩れたおかげで自分なりのペースをつかめました。ただその後は、不用意な大技を連発(カカト落とし、後ろ回し等)、又グランドでも優位に展開が出来てメチャクチャな内容でしたが勝利することが出来ました。
そして最後の相手が若月先輩(総本部)、先輩は動きが悪かったようで消極的ではありましたが落着いた試合運びをしました。組まれたら場外に押し出してグランドを避け、結果勝利(通算2勝1敗)することが出来ました。
全試合あまり内容の良い物(=試合内容)ではありませんでしたが自分が軽重量級4人目の代表として選ばれました。
選考していただいた東先生、各支部長の皆様、三浦師範、先輩の方々、石巻支部の皆さん、本当にありがとうございました。
ただ、これからが本当の勝負(=戦い)です。もう逃げも隠れも出来ません。今の実力では、まだまだダメで選考にもれた先輩方に対して恥ずかしい状態です。残り1ヶ月半を必死に・死に物狂いで稽古を重ねて行きます。
道場(=石巻支部)の皆さん、これからは更に激しい組手になると思いますが、これからも御協力お願いします。
「打倒 ロシア人!!」 押 忍

選考試合・結果表(総本部HPより)
http://www.daidojuku.com/f.html
  • 閲覧 (1685)
定時稽古とか自主トレの合間を見て(当然仕事を終えてからの生活ベース上!=文武両道=(大道塾の理念でもある)社会体育とも言う!)今回の試合結果を更新すべく編集しているが、いかんせん画像数が通常の地区予選クラスの2倍以上ありPC画面と原案(採用候補の画像)プリントシートとの「にらめっこ」が続いているよ。
枚数が多いという反面、選手の色々な姿(試合前後とかも含め)が見えて今後の稽古=指導に参考なるところもあって、これはこれで「収穫」があったと思うよ(ただ撮影担当班・佐○○敦!撮影上の遠近感は・・手直し項目あるから次回もよろしく!?)
更新内容は間もなくUPされるので乞う御期待だけど、今回更新画像にはない試合会場での「もう一つの石巻支部等」(+俺の画もあったりして)を載せてみました!・・・こういう時間があるのであれば編集作業に没頭しようと思う今日この頃だよ。




[画像上段・左側]今回支部選手回想録には出て来ないが空道ルール出場の小川 英(初段・画面左側)本戦での試合展開は引き分けかな?と思ったが3−2で惜しくも判定負けに、小川さん仕切直しと行きましょう!
[画像上段・右側]ウォーミングアップ中の鈴木清治・・この余裕がリラックスして良いんだね(とかく撮影担当が鈴木にカメラを向けると試合終了後とかも関わらずポーズ(アングル反応)が多々あったとさ)
[画像中段・左側]撮影担当からカメラを向けられ・・一関・水沢・気仙沼支部・瀧田支部長と仲良くカシャ(因みに右側の方は浪岡・仙台南支部長で当支部の各種ポスター・印刷物とかで御世話になっている先輩です 押忍)
[画像中段・右側]前途した今回の数多い画像で俺もしっかり仕事(審判)をしている画を載せてみました
[画像下段・左側]あれっ黒のシャツに坊主頭?・・松本じゃないか!?試合の応援に来れる位なら試合に出場出来るよう「稽古」せい!
[画像下段・右側]・・・菅原!眠いのか?(シャッターチャンスは決して外していないとのこと 撮影担当班・談)
  • 閲覧 (1678)
あと2週間で試合(会場−宮城県武道館)があるわけだが今回は11月13日「第2回世界空道選手権」開催の関係上、「東北地区予選」という性格はなく各選手において?実力の確認?場数の確保?他の本部・支部選手等の試合展開の確認といった要素(=意味合い)があると思うね。

?は前途した地区予選の性格がないのだから選手は良い意味で思いっきり試合が出来ると思うよ、予選の「意識」がない分何らか(何らかという意味は道場で説いているので、ここでは省略)のプレッシャーが軽減されて、思う存分(ある程度の負傷・怪我のリスクは承知で)戦えるはずだね。

?(?にもリンク)は空道ルール・基本ルール(BS・女子部ルール含め)問わず俺は支部塾生必修だと思うね。試合結果は主たるものとしても場数は自分自身の空道(=選手)を構築していく過程において、結果と同様に必要と思うよ。試合勘とか、試合時間中において自身の組手スタイルがどうだったとか、スタミナの面(=ラッシュが出来たかの確認含め)がどうだったとかを経験するのは絶対必要だね。又?でいう場数の確保と同時に他の選手の組手スタイルを観る(実際、拳を交えることがあるが)ことで試合対策の参考にも成り得ると思うよ・・・という訳だから支部塾生の皆さん!

何にしても残りの期間で今回参加する選手のピークが当日に持って行けるよう指導=対応していきたいよ!
  • 閲覧 (1442)

台湾・散打交流試合

執筆 : 
2005-7-16
先週(7月6日〜10日)当支部鈴木清治(初段)が台湾へ散打交流試合に行って来たわけだが、先生からは国内(=台湾)の選手権で上位(=優勝?)にはいると年末に世界選手権がある云々と聞いて、最初は03’中国(北京)で開催(当支部遠藤 明参戦)された「散打ルール」と同じで、ファイトスタイルがグローブ+パンツでリング(=ロープ有)と想定して遠征までの期間、道場で調整させていたが「蓋」を開けてみたら道着着用・ヘッドギア・畳のリング等、実際の大会は「想定外」(俺の確認不足でもあるけど)だったようだね。
それでも80?級・第3位の成績を修めたことは「結果良し」(先生からは今回の大会は充分、鈴木に優勝のチャンスがあったとの評で「反省材料」ではあるが)として今後(=次)の「目標」に繋げればと思うね!


[画像上段・左側]今回の大会パンフ(表紙)で大会名を要約すると中華武術散打博撃協会主催の全台湾大会兼アジア予選とのこと
[画像上段・右側]パンフレット内において大道塾・塾長紹介
翻訳ソフトで解析すると大道塾and塾長自体はかなり評価されて表記
[画像下段・左側]今回混成チームにより東京武術散打倶楽部として選手紹介(当チームを含め台湾全土から21チームが参加)
  • 閲覧 (1675)
7.3は05’東北地区学生選手権と女子部戦が開催される予定だったが、主催者側の都合により中止(延期とも言う)になってしまい参加予定だった選手(学生選手権には佐藤将光(3級)が、女子部戦には加藤睦美(無級)が参戦予定)には、ちょっと「肩すかし」の感だったろうね。
まあ次の目標に向け「継続」して稽古することによるモチベーションをキープしていてほしい今日この頃だよ。

[画像左側]佐藤将光(3級)のミットトレ
[画像右側]加藤睦美(無級)のスパー
  • 閲覧 (1602)

« 1 ... 107 108 109 (110) 111 112 113 »