師範ブログ - 9.19は東北大会と交流試合

9.19は東北大会と交流試合

執筆 : 
2005-9-5
あと2週間で試合(会場−宮城県武道館)があるわけだが今回は11月13日「第2回世界空道選手権」開催の関係上、「東北地区予選」という性格はなく各選手において?実力の確認?場数の確保?他の本部・支部選手等の試合展開の確認といった要素(=意味合い)があると思うね。

?は前途した地区予選の性格がないのだから選手は良い意味で思いっきり試合が出来ると思うよ、予選の「意識」がない分何らか(何らかという意味は道場で説いているので、ここでは省略)のプレッシャーが軽減されて、思う存分(ある程度の負傷・怪我のリスクは承知で)戦えるはずだね。

?(?にもリンク)は空道ルール・基本ルール(BS・女子部ルール含め)問わず俺は支部塾生必修だと思うね。試合結果は主たるものとしても場数は自分自身の空道(=選手)を構築していく過程において、結果と同様に必要と思うよ。試合勘とか、試合時間中において自身の組手スタイルがどうだったとか、スタミナの面(=ラッシュが出来たかの確認含め)がどうだったとかを経験するのは絶対必要だね。又?でいう場数の確保と同時に他の選手の組手スタイルを観る(実際、拳を交えることがあるが)ことで試合対策の参考にも成り得ると思うよ・・・という訳だから支部塾生の皆さん!

何にしても残りの期間で今回参加する選手のピークが当日に持って行けるよう指導=対応していきたいよ!
  • 閲覧 (1747)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する