アルバムトップ : 2022年 : 2022年 宮城県空道選手権大会 :  Total:29

●名称及び日時
2022年 宮城県空道選手権大会
7月10日(日)
●場 所 仙台市青葉体育館 2F柔道場
●主催・主管 宮城県空道協会

[師範所感] 
 10日(日)に開催された宮城県空道選手権大会(会場 仙台市青葉体育館 柔道場)において、当支部から各クラス(カテゴリー)に出場した子供達は
U16女子(45坩焚次法 ̄麁すず(初段)  勝利者
U16女子(55坩焚次法ゝ氾槌彩(初段)  勝利者
という戦績はあったが今回(例年ではあるが)出場して味わう一種独特(特有)の会場での緊張感+試合を経験したことで、どう出場した子供達が「感受」したかだね。
又、稽古で培ってきた内容が体現出来た子と出来なかった子の差を縮める様、次の9月(東北地区予選)には修正させておきたいよ。
 昨年の同大会のブログに書いたが、同じ(=年齢的にも近く)学年+体力指数の組み合わせで試合をし、負けたこと等を痛いとか辛いと取るか、悔しいと取って今以上に奮起するかということはあるが・・・。俺自身、後者の方に推移した稽古・これからの試合に向けた「強い気持ち」に繋がってほしいところだし、稽古環境においても導いていきたいね。
[ジュニアトーナメント]U16女子(55坩焚次傍氾槌彩(初段)勝利者 所感
 私は、今回の大会からひとつ階級(体重別)を上げて宮城県空道選手権大会に挑みました。誰と試合をするかを見た時にワンマッチ戦だったので絶対に勝つと強く思っていました。
 試合では、自分から攻めていくことができましたが、途中で寝技の攻防になりました。相手に極められない様に必死で相手を足で押さえながら30秒耐えました。その後は、判定で引き分けになり延長戦になりました。延長戦になっても攻め続けた結果、優勢勝ちで勝つことが出来ました。絶対に勝つと決めていたので勝つことができてとても嬉しかったし、達成感がありました。
 YouTubeで自分の試合を見たら改善点が一杯あったので東北大会までに直していきたいと思います。又、もっと技を磨いて相手の技に素早く対応出来る様に稽古を重ねながら東北大会に向けて頑張っていきたいと思います。これからもご指導よろしくお願いします。  押 忍
[ジュニアトーナメント]U16女子(45坩焚次鳳麁すず(初段)勝利者 所感
 7月10日(日)に宮城県空道選手権大会がありました。
今回の大会において対戦相手が、どんな選手か分からなくて緊張しました。そして午後の部(ジュニアトーナメント)が始まってすぐ私の番が来ました。
 相手は私よりも身長が高かったので、上段が当たらない様にガードしました。そして最初に相手に上段が決まったときは嬉しかったです。次に前蹴りが上手くヒットさせて相手が倒れて、決めが出来て良かったです。それと内回し蹴りも決まりました。
 でも相手の掴みからの膝蹴りが上手かったので次の大会は、私も膝蹴りを出そうと思いました。又、下段蹴りの連打(コンビの連絡)を忘れていたので、次はそれらを全部出して後ろ回し蹴りも当たる様に稽古します。最後に優勝出来て嬉しいです。 オ ス
 
1 番〜 10 番を表示 (全 29 枚)(1) 2 3 »



s-01-師範.jpg

s-01-師範.jpg


試合会場は仙台市武道館 柔道場
スタッフ及び審判ルールミーテイングがあり

s-02-師範.jpg

s-02-師範.jpg


午前中に行われた交流試合の開会式整列(当支部 中央列)


s-03-師範.jpg

s-03-師範.jpg


午後に行われたジュニアトーナメントの開会式整列(当支部 右端)


s-04-師範.jpg

s-04-師範.jpg


長田塾長から開会宣言(前途より午前・午後共に対応して)


s-05-師範.jpg

s-05-師範.jpg


菅間 進 宮城県議会議員から役員挨拶の画
(前途より午前・午後共に対応して)


s-06-師範.jpg

s-06-師範.jpg


平塚禎嘉 県空道協会顧問から役員挨拶の画


s-07-師範.jpg

s-07-師範.jpg


俺(県空道協会 理事長の任により)から審判長として挨拶(前途より午前・午後共に対応して)


s-08-師範.jpg

s-08-師範.jpg


選手宣誓の画



s-09-師範.jpg

s-09-師範.jpg


閉会式終了後、出場した子供達に総括の講評


s-10-師範.jpg

s-10-師範.jpg


戦い終えて
審判担当のあゆと長田塾長を囲みカシャ
※本部掲示係の工藤さんはカメラも担当していたのでフレームインせずに

1 番〜 10 番を表示 (全 29 枚)(1) 2 3 »