アルバムトップ : 2023年 : 2023’宮城県空道選手権大会 :  Total:58

●名称及び日時
2023’宮城県空道選手権大会
7月9日(日)
●場 所  仙台市青葉体育館 柔道場
●主 催  宮城県空道協会・仙台市空道協会
●共 催  宮城県・宮城県教育委員会・公益財団法人宮城県スポーツ協会
        宮城県高等学校体育連盟・宮城県体育連盟

[師範所感]       
 10日(日)に開催された宮城県空道選手権大会(会場 仙台市青葉体育館 柔道場)において、当支部から各クラス(カテゴリー)に出場した子供達は
U7紫帯以下交流戦 澤 口 畔(10級)   準優勝
U9黄帯以下交流戦 澤 口 憩(9級)    第3位
U16男子(50坩焚次飽ど翔也(初段)    優  勝
U19女子(軽量)  遠藤すず(初段)      勝利者
という戦績はあったが今回(例年ではあるが)出場して味わう一種独特(特有)の会場での緊張感+試合を経験したことで、どう出場した子供達が「感受」したかだね。又、稽古で培ってきた内容が体現出来た子と出来なかった子の差を縮める様、22日(土)からの地区サマーキャンプ・9月の東北地区予選には修正させておきたいよ。
 昨年の同大会のブログに書いたが、同じ(=年齢的にも近く)学年+体力指数の組み合わせで試合をし、負けたこと等を痛いとか辛いと取るか、悔しいと取って今以上に奮起するかということはあるが・・・。俺自身、後者の方に推移した稽古・これからの試合に向けた「強い気持ち」に繋がってほしいところだし、稽古環境においても導いていきたいね。
U9黄帯以下交流戦 澤口 憩(9級) 第3位 所 感
 1試合目は勝ちましたが、ほとんど掴まれていて、自分の技を思うように出せなかったです。次の大会までに、掴まれた時どうすれば良いのか考えたり・教えて貰って、効果や有効などポイントをいっぱい取って相手選手と差をつけて勝ちます。
 決勝戦は前の大会(仙南杯)で反省したパンチと上段だけじゃなくて、前蹴りとかも出すことは出来たのですが、距離が合わなくて相手に効く前蹴りが出せなかったです。また、試合の最初は良かったのですが最後の方は体力が無くなって、パンチや蹴りを出すのが遅くて、相手選手から何回も打撃をもらい稽古の成果を発揮することができなかったです。
 優勝するために稽古を頑張りますので、三浦師範・先輩方ご指導よろしくお願いいたします。  オ ス
U9黄帯以下交流戦 澤口 憩(9級) 第3位 所 感
 1試合目、結果は勝ちましたが緊張してしまったことと、何度も相手選手から目を離してしまい、ガードやパンチなどが遅れてしまったことが大きな反省点です。良かったところは、相手選手がどんどん前に出て来て、突きを出してきたのでガードが下がったところをよく見て、上段が当たる距離・位置に回って上段が決まって嬉しかったです。
 そして2回戦目は、前の試合を終えて三浦師範に左右に蹴ること!と指導してもらい、試合の前にもパパとのミット打ちで、左右に蹴る練習をしていたのに考えて迷っていて結局、ほとんど右の上段しか出せなくて悔しかったです。また攻撃を止めてしまう時が何回もあり掴まれて膝蹴りをたくさんもらいました。相手選手と同じ攻撃ばかり何度も何度も試合終了まで繰り返してしまいました。
 次の大会では、いつもの稽古通りに打撃が出来るように、家でも稽古で習ったことを何度も反復していきます。弱い自分に勝つよう稽古しますので、三浦師範・先輩方ご指導よろしくお願い致します。  オ ス
U16男子(50坩焚次法^ど翔也(初段) 優 勝  所 感
 7月9日(日)に2023’宮城県空道選手権大会が仙台市青葉体育館 柔道場でありました。僕はU16男子(50kg以下)に出場しました。前回の仙南杯より強い人たちが集まっているので、気合いを入れて試合に挑みました。
 1試合目の相手は塩釜支部の安達翔選手と試合をしました。安達選手も初段だったので、強いと感じましたが、いざ試合が始まると意外に勝てるかも😬と思いましたが油断せずに真剣に試合(←当然だから 師範・談)をしました。始まって直ぐに相手が掴んできたので、そのまま投げてキメをして効果を獲りました。次に上段が決まって効果を獲ることが出来て、そのまま優勢勝ちになりました。
 2試合目の相手は仙台西支部の鴇田愛翔選手と試合をしました。鴇田選手が3級と聞いて、ちょっと安心しました。始まって少しして前蹴りで相手選手が倒れた時にキメをして効果を獲り次に膝の連打でまた効果が入り、最後は腕ひしぎ十字が極まり1本勝ちになり、決勝戦に進むことが出来ました。ヤッター😃✌️
 決勝戦の相手は、木町支部の渋田啓斗選手でした。渋田選手は僕より頭1個分以上、背が高くて「ダメだ身長差がありすぎる」ヤバい負けるかもって思っていましたが、仙台東支部の佐々木惣一郎さんから身長差は関係ないよってアドバイスを頂きました。有り難うございます🙇 アドバイスもあって諦めないで、頑張ろうと思いました。最初はお互いに蹴りの出しあいでしたが、直ぐに掴まれて投げられ僕が下だったけど、返して上を取ったので極めてやるって思いましたが、相手選手がずっと掴んでいたので極めることが出来ませんでした。それから直ぐ、相手選手の隙をつき上段蹴りをしたら上手くあたり、効果を獲ることが出来ました。それも束の間、下段蹴りをもらいバランスが崩れ倒れてしまいヤバいと思ったけど三浦師範に教えて頂いたことを活かして、決めをされることはありませんでした😱 三浦師範有り難うございます🙇 そのまま時間になり優勢勝ちになって優勝することが出来ました😄 久しぶりの優勝だったので、すんごい嬉しかったです。ヤッター😃✌️
 優勝できたのは三浦師範や先輩たちのアドバイスがあって勝てたのだと思います。次の東北大会でもまた勝てる様に稽古を頑張ります。  押 忍
U19女子(軽量) 遠藤すず(初段) 勝利者  所 感
 今回の大会では美彩ちゃん以外の人との試合あるとのことで=初めての大会だったので、とても緊張していました。ですが、パンフレットを見ると美彩ちゃんとワンマッチ戦(カテゴリー指数の差異による変更 師範・談)だったので残念でしたが油断せずに、前回の仙南カップでの試合後から稽古してきたことを出そうと思って、試合に挑みました。
 試合が始まると、美彩ちゃんは前に詰めてきて打撃しにくかったです。ですが、負けない様に回り込んで連打したり、回転技を出したり攻めました。グラウンドになると、足が抜けなくて、その後は何もすることが出来ませんでした。又、打撃でも前(仙南カップ)の様に効果を獲ることが出来ず悔しかったです。9月の東北大会に向けてもっと寝技と打撃の強化をしていきたいです。  押 忍
 
41 番〜 50 番を表示 (全 58 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 »



s-41-翔也.jpg

s-41-翔也.jpg


「みなし一本」により決勝戦に進出


s-42-翔也.jpg

s-42-翔也.jpg


翔也(画像・右)決勝の対戦相手は渋田啓斗選手(木町支部・初段)


s-43-翔也.jpg

s-43-翔也.jpg


掴みからグランドの攻防になり、下の状態にはなったが


s-44-翔也.jpg

s-44-翔也.jpg


展開からスイープを成功させて
稽古では、黒帯同士でのグランドスパーをこなしているので自力が付いていたよ

s-45-翔也.jpg

s-45-翔也.jpg


その後、上段をヒットさせ効果を奪取


s-46-翔也.jpg

s-46-翔也.jpg


終盤、相手選手の打撃を何とかディフェンスをして


s-47-翔也.jpg

s-47-翔也.jpg


結果、優勢勝ちに
翔也は本大会 U16男子(50坩焚次僕ァ‐,寮鐇咾

s-48-翔也.jpg

s-48-翔也.jpg


表彰式にて優勝の賞状・メダル等を本部役員(各支部長)から授与


s-49-すず.jpg

s-49-すず.jpg


U19女子(軽量) 遠藤すず(初段)勝利者  試合回想
選手計量(一発クリア)の画

s-50-すず.jpg

s-50-すず.jpg


試合前、ミットを使ってのアップシーン


41 番〜 50 番を表示 (全 58 枚)« 1 2 3 4 (5) 6 »