師範ブログ - 23'全日本空道ジュニア東北選手権が終わり−2

23'全日本空道ジュニア東北選手権が終わり−2

執筆 : 
2023-9-28
 ブログに使用(載せた)した画に続けて(同時に)UPすると「間延び」するのでVOL−2として改めて載せてみました。
 
↑[画像・左]
U9男女混合交流戦に出場の阿部吾子(6級)  画は試合前、お父さんにもってもらいミットを使ってのアップシーン
  [画像・右]
初戦を向かえた吾子(画・左)だが、計量差異の反則から始まり必死にコンビは繰り出してはいたが、結果、ポイントを返せず判定負けに
※稽古をコンスタンスに来て(地力が付いて)おり、今回もノーポイントで展開はしたが 次ではポイント(効果以上)を獲る試合をしてほしいね

↑[画像・左]
U11男子(34坩焚次砲暴仂譴琉ど莞太(5級) 画は試合前、ミットを使ってのアップシーン
  [画像・右]
莞太(画・左)本来ではなくパンチ+蹴りの連携が遅かった様に思ったね。それも途中、相手選手に上段をヒットされ効果を獲られる
展開に結果、優勢負けに
※今年から吃堯蔽篭萢汁)のカテゴリーになった莞太、ある意味「揉まれて」強くなってほしいよ

↑[画像・左]
U16男子(50坩焚次砲暴仂譴琉ど翔也(初段)  画は試合前、お父さんに持ってもらいグローブを使ってのアップ(展開チェック)シーン
  [画像・右]
この試合で翔也(画・右)は延長戦までの展開にはなったが終始、後手(カウンターとか掴みを主眼にする選手ではない)になってしまい判定負けに

↑[画像・左]
U19女子(-215)に出場の吉田美彩(初段) 画は試合前、グローブを使ってのアップシーン
  [画像・右]
美彩(画・左)顔面への打撃(空道(U19)ルール※1)に関し「長足の進歩」を感じていたが、試合展開として接近戦が多くなってしまい
持ち前の連打が封印されてしまい結果、判定負けに
※今回、初めて(※1)他支部の選手と拳を交えたわけだが、この(当然)レベルではないので奮起を期待したいよ
  • 閲覧 (135)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する