師範ブログ - 昇段取得者(少年部 阿部翔也)の所感!

昇段取得者(少年部 阿部翔也)の所感!

執筆 : 
2019-7-4
 5月26日(日)東北地区合同審査会(会場 仙台市青葉体育館 柔道場)において昇段審査を再受験(昨年、受験の際は組手ポイントが惜しくもで)した阿部翔也はメイン(実際(途中)補強として拳立50回+スクワット200回を課せているので、それはそれとてキツイのではあるが・・・)でもある連続10人組手(組手☓5R・相撲☓5R)に挑み、組手が3勝1敗1分(3.5P)+相撲が1勝2敗2分け(2.0P)=合計5.5P の結果を出せたことでこの度、本部から認定証・帯を本人に授与したことにより(恒例の!)その見返りで本人に「所感」を書かせたので紹介します。
 
[阿部翔也所感] 
 令和元年5月26日(日)に仙台市青葉体育館で地区合同審査会があって、僕は黒帯に昇段するために審査会を受験しました。去年12月に受験したのですが急激に体重が増えて!気力はあったのですが体力が付いていかず4.5Pで黒帯を逃してしまいました。今回は必ず昇段すると信じ頑張って稽古をしました。でもパパとママには「デブになったから今回もダメなんじゃない」って言われムカつきながら聞いていましたが、僕の心の中では絶対に昇段してやるって思いながら受験しました。
 基本・移動・体力の次に審査された連続組手前半の組手では3.5Pが取れ、後半の相撲では3人目くらいから結構キツくなってきてマズイと思いながら、自分に気合いを入れるため大声で叫びました。だけど5人目が終わったころはフラフラになってました。
組手(審査)終了後、三浦師範と あゆ先輩から「合格だよ」って言われてメチャクチャ嬉しかったです。やっと2回目の受験で黒帯に昇段することが出来ました。審査会の時にパパは仕事で来ることが出来なかったので、会場を出た後すぐに電話したのですが忙しかった様で直ぐには出なくて、おばあさんとおばちゃんに結果報告をしたらホッとし緊張がほぐれたのと、嬉しかったのとパパに1番最初に教えられなかったのとで心の中がグチャグチャになり車の中で大泣き💦😭💦してしまいました(笑)パパに報告出来たのは審査会終了後30分くらいたった後で、パパもメチャクチャ喜んでくれました。
 最後に、これからもっともっと稽古を頑張って三浦師範や先輩達、ひなた先輩の様に弐段(参段)と昇段出来る様に日々頑張ります。皆さんよろしくお願いします🙇  押 忍
  • 閲覧 (96)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する